メール占いに適したシチュエーション

占いの手法は伝統のあるものが多いですが、人々がそうした占いに触れる機会や方法は様々なものが増えています。電話占いに始まり、ネットでも様々な方法で占いがより身近になっていますが、そうした中でもメール占いは非常に気軽に占いを利用出来ると、多くの方に注目されています。

しかし、気軽に利用が可能でなおかつ料金も手頃であるメール占いであっても、必ずしも万能である訳ではありません。

メール占いに適したシチュエーションとそうでないシチュエーションというものがありますが、ここでは日常の中でメール占いをおすすめするタイミングについて見ていきましょう。

まずおすすめしたいのが、極めてプライバシーに関わる相談内容です。性の悩みや家族間のトラブルなど、面と向かって占い師の方に話しにくいような相談内容の場合には、メールの文章の方が話しやすいということもあるでしょう。また感情的になってしまうような相談の場合には、文章という形の方が占い師にも伝えやすく、また自分でも感情の整理がつきやすいと言えます。

こうした相談内容の場合には、人によっては電話や対面占いよりもメールの方が優れているということもあるでしょう。

一方会話がしたいという方にはメール占いは不向きかも知れません。占い師に相談する方の中には、とにかく人に話を聞いてもらいたいという方も多くいらっしゃいます。臨床心理士によるカウンセリングでも傾聴と呼ばれる手法で、人に話を聞いてもらうことでストレスを軽減出来ることが知られています。友達や家族など近しい人に話せない内容の相談は、自分で抱え込んでしまう方が多いのですが、利害関係の無い第三者である占い師ならば、驚くほど気軽に話が出来るということもあるでしょう。

このようにメール占いはシチュエーションによって向き不向きがありますが、そうした場合にはどちらか一方を選択するということではなく、相談内容やその時々の環境によってより最適なものを選択することが大切です。メール占いには前述のような気軽さや安さというメリットの他に、文章を何度も読み返すことが出来る、また有名な占い師の方の予約も取りやすいなど様々なメリットがあります。

一方のデメリットも先に挙げた通りですが、双方に補完しあいながら占い師を利用すると、占いがより生活に根ざしたものになるでしょう。占いはオカルトや非科学的な印象をお持ちの方も多いでしょうが、人生の指針を見つけるきっかけになることもあります。ぜひ気軽な体験占いからスタートして、日常生活に占いを取り入れて下さい。

占い好きに注意してもらいたいことや体験談を書いていきます。